産業医の業務内容は具体的には?

産業医の業務内容は具体的には?

産業医の業務内容及び役割とは、そもそも医療機関では当たり前だった患者を治療する業務ではなく、企業活動を円滑にするための従業員への健康管理等を行うことになります

つまり、産業医とは、企業(事業所)において労働者のみなさんが、健康且つ快適な環境の下で作業が行えるように医師と言う専門的な知識、立場から指導を行い、助言を行う医師となります。 又、産業医学の実践者としての産業保健の理念及び労働衛生に関する専門的な知識に精通して労働者の健康障害を予防すると言うだけでなく、労働者のみなさんの心身の健康を保持、増進することを目指した活動を行う役目を担う医師ともいえるのです。

産業医の主な職務としては、労働者の健康障害の予防と新進の健康保持、増進に資することを目的とする幅広い範囲の職務となり、産業構造の変革や労働者の高齢化等に伴う作業態様の改善やIT技術の進展に伴った作業の変化等も考えられ、メンタルヘルス及び過重労働問題等のような社会情勢の変遷に対応するような業務も考えられ、尚且つこうした様々な問題に対応し業務の重点項目と言うものも変動すると考えられます。

各企業における産業医の対策のあり方自体、新たな法律の施行や裁判の判例により異なり、健康情報管理の問題であるとか、事業者の健康配慮義務も変わってきますので、産業医の職務とは、多岐にわたり、変化に応じ、それに伴う対策を取っていかなくてはならないのです。

ひとつに、健康管理をはじめとして、総括管理、作業管理、作業環境管理等も産業医の業務範囲となりますし、労働衛生教育等も産業医の業務範囲です。 つまり産業医は、作業現場や関係法規、行政制度に精通し職務の遂行にあたる事を要するということになります。

しかしながら、産業医の知識もしくは権限で完結できる業務と産業保健スタッフ等による協力が無くては遂行できない業務も当然存在しますので、産業医とは、業種及び事業場の事情等も確りと勘案しながら産業医としての業務を適切に遂行すべきなのです。

こうした業務内容、職務を通し、労働者のみなさんの中で元気な方は病期にならないように健康診断等を行い、相談を通し健康促進のサポートをすることや病気になってしまった方に対しては、治療を行いながら配置転換等により無理なく就業できるようにサポートする事が産業医の業務内容と言え、産業医は、労働者のみなさんが、快適な環境で元気に働けるようにサポートする事であり、それが企業にとっても大きな利益となるのです。



産業医の総合求人情報比較ランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリアエージェント 無料 全国 ★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細
医師求人のJMC 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは医師転職の実績の多いリクルートドクターズキャリアが1位を獲得中です。
※知名度で見ると抜群の評価ができる医師転職ドットコムも人気です。


産業医求人
人気ランキング

産業医求人サイト

産業医求人探しの
よくあるQ&A

その他の産業医の
よくあるQ&A

条件別の産業医求人

タイプ別の産業医求人探し

地域別の産業医求人探し


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医 求人 | 産業医の総合求人情報 All Rights Reserved.