産業医の面接対策は?

産業医の面接対策は?

従来であれば面接試験とは、志望者をふるいにかけて候補の絞り込みを行う目的で実施されます。しかし産業医の面接は少し趣が異なります。産業医の選考では、最初の書類選考で厳しくチェックします。そして1案件当たり面接試験に進めるのは1〜2名程度にしていることが多いです。このため、業務内容や仕事をするにあたってのお互いの希望する条件についてすり合わせを行うといった意味合いが強いと思ってください。つまり産業医の場合、面接の案内が来た時点で半分くらいは採用が決まったくらいの感覚でいても良いでしょう。

通常はまず企業の担当者の方から、会社についての概要などの簡単な説明があります。続いて、産業医の候補になっている医者が自己紹介を行います。専門科目はどうなのか、すでに別のところで産業医としての勤務経験があれば、どのような活動をしていたのかについて説明しましょう。産業医として自分はどのようなスタンスで仕事をするつもりなのか、自分の人となりについて自己紹介の段階で説明をすると、相手もその医者のことをより深く知ることもできます。この時注意したいのは、履歴書はすでに提出しているので履歴書に書かれている内容と異なる部分がないように説明することを意識しましょう。

続いて産業医として仕事をするにあたって知っておきたい企業の細かな情報に関する説明があります。通常は産業医をなぜ募集することになったのか、社員の業務内容、平均年齢、男女比、求職・復職者がどの程度いるのか、衛生管理の状況などの説明が中心です。もしわからないこと・聞いておきたいことがあれば、どんどん質問してもらって構いません。ここまででお互いのことはある程度理解できているでしょうから、双方で質疑応答をしていきます。この時の応対の仕方ですが、病院で勤務している歳の患者やその家族と応対するのと同じような感覚で臨めば問題はないでしょう。

産業医を募集している企業では、皆さんのことを話しやすい人物かどうかチェックしているはずです。産業医に対して従業員が健康面などで心配事があった場合、いろいろと相談に訪れるでしょう。気軽に相談できる雰囲気を持った人の方が採用される可能性は高まります。ですから基本笑顔で親しみやすい人物であることをアピールしましょう。専門的なことを聞かれても、普通の人でも理解できるような分かりやすい言葉で説明することも意識してみると、相手の評価も高まるはずです。

産業医の総合求人情報比較ランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリアエージェント 無料 全国 ★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細
医師求人のJMC 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは医師転職の実績の多いリクルートドクターズキャリアが1位を獲得中です。
※知名度で見ると抜群の評価ができる医師転職ドットコムも人気です。


産業医求人
人気ランキング

産業医求人サイト

産業医求人探しの
よくあるQ&A

その他の産業医の
よくあるQ&A

条件別の産業医求人

タイプ別の産業医求人探し

地域別の産業医求人探し


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 産業医 求人 | 産業医の総合求人情報 All Rights Reserved.