産業医になるにはどうすればいい?

産業医になるにはどうすればいい?

産業医になるためには、厚生労働省令により定められている一定の要件を満たす事が必要です

厚生労働省令により定められる一定の要件とは、まず労働者の健康管理等を行う上で、それに伴う医学に関する研究を行い尚且つ厚生労働大臣の定めるものを修了している事。 また、医学の正規の課程であり、産業医の養成等も行う事を目的とするためのものを設置している産業医科大学を卒業している事、もしくは、その他の大学であっても厚生労働大臣指定の当該課程を修めて卒業している事が必要で、厚生労働大臣が定める実習を履修することも必要です。

労働衛生コンサルタント試験に合格し、尚且つその試験の区分が保健衛生である事や学校教育法による大学で労働衛生に関する科目を担当する教授であったという場合も産業医の要件に当てはまり、助教授、常勤講師等も産業医の一定の要件に当てはまるものとなります。

産業医になるためには、このような一定の要件を備えている事が必要で、これらの要件の他にも厚生労働大臣が定めるものも一定の要件を備えているものとしてみなされます。 また、産業医になるためには、こうした一定の要件を備えている事も必要ですが、産業医研修受講も必要で、受講には日本医師会認定産業医制度に基づく基礎研修会の受講が必要です。

産業医となるための産業医研修とは、種類が存在し、尚且つその種類ごとに単位数の取得が必要ですから、産業医を目指す場合は、産業医研修の開催案内に記される取得できる単位の種類はじめ、単位数を確認し、申し込みが必要です。 まず、前期研修は14単位以上となり、基礎研修会及び実地研修は、10単位以上の計50単位以上となり、後期研修は、26単位以上となっております。

このように決められた単位を取得することにより、日本医師会認定産業医制度に基づいて『認定産業医』の資格を取得できる事となり、それに伴い法令に定める産業医の要件を備えられたという事になります。

ちなみに単位の取得は、60分の研修が1単位もしくは、0・5単位となりますが、産業医研修で取得できる単位数は、確定されているものではなく、1回ごとに異なる場合もあります。 本来なら、1日の産業医研修で取得できる単位は、1単位〜数単位と言われておりますが、北九州市の産業医科大学等では、6日間で50単位を一括取得出来る研修会を開催しているところもありますし、一部地域の医師会等でもこうした研修会を開催しております。



産業医の総合求人情報比較ランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリアエージェント 無料 全国 ★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細
医師求人のJMC 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは医師転職の実績の多いリクルートドクターズキャリアが1位を獲得中です。
※知名度で見ると抜群の評価ができる医師転職ドットコムも人気です。


産業医求人
人気ランキング

産業医求人サイト

産業医求人探しの
よくあるQ&A

その他の産業医の
よくあるQ&A

条件別の産業医求人

タイプ別の産業医求人探し

地域別の産業医求人探し


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医 求人 | 産業医の総合求人情報 All Rights Reserved.