産業医の求人倍率は?

産業医の求人倍率は?

医者になるためには国家資格を取得しなければならず、しかも難易度も高いのでそもそもの数がそれほど多くはありません。ですから求人倍率は高めで推移しています。厚生労働省の発表している情報によると、平成25年10月発表分で、医者をはじめとした医療従事者に対する有効求人倍率は6.80倍になっています。これは医者1人当たり7件近くの求人があることを意味しています。もちろんこれは産業医だけでなく病院などのすべての医者求人が含まれています。ですから産業医だけで見た場合、求人倍率は少しダウンするでしょう。しかし全体的な業種を合わせてみると求人倍率は1倍台ということが多いです。そう考えると、競争率は決して高くないことがわかります。

産業医を募集している企業は多いですが、中小企業の産業医の場合、募集を出して最初に手を挙げた医者が選ばれるというケースが多いとされています。産業医を希望する医者の数に対して、産業医を求める企業の数の多いことを物語る一例と言えるでしょう。ただし中小企業の場合、経営的な体力から、正社員として産業医が雇われることはあまり多くないようです。嘱託という形で契約する企業も多いので、どのような雇用形態で産業医として活躍するかはあらかじめ確認しておきましょう。

産業医の募集の場合、もう一つ注意すべきこととして、地域によって募集されている件数に偏りのある点に注意しましょう。産業医の募集を見てみると、首都圏に代表されるような大都市圏での募集が中心となります。一方で地方の求人を見るとガクッと下がります。大都市圏在住、電車などを使って通勤圏内にある医者であれば、けっこう選択肢は多いかもしれません。しかし地方在住の方は場所によっては、産業医の求人がなかなか出てこない可能性もあります。その場合産業医にどうしてもなりたいのであれば、大都市圏への引っ越しも視野に入れて、求人情報を収集してみると良いでしょう。

大企業の産業医の募集ですが、知名度の高さから応募が殺到する可能性も十分考えられます。大企業の場合経営基盤もしっかりしていますし、福利厚生も充実しているので産業医として働きやすい環境が整備されているのが人気の理由です。また誰もが知っているような有名な会社で仕事をしていれば、社会的なステータスも上がるでしょう。もし大企業の産業医になりたければ、こまめに求人情報をチェックしてめぼしい案件があれば、すぐに応募するように心がけましょう。でないと早い段階で、募集が打ち切りになるかもしれません。

産業医の総合求人情報比較ランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリアエージェント 無料 全国 ★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細
医師求人のJMC 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは医師転職の実績の多いリクルートドクターズキャリアが1位を獲得中です。
※知名度で見ると抜群の評価ができる医師転職ドットコムも人気です。


産業医求人
人気ランキング

産業医求人サイト

産業医求人探しの
よくあるQ&A

その他の産業医の
よくあるQ&A

条件別の産業医求人

タイプ別の産業医求人探し

地域別の産業医求人探し


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 産業医 求人 | 産業医の総合求人情報 All Rights Reserved.