産業医の定年は?

産業医の定年は?

産業医の場合、会社の社員扱いになります。ですから会社の規約に基づき定年を迎える形になります。しかしもし定年になったとしても引き続き仕事がしたければ、定年後も嘱託という扱いで事実上引き続き産業医として仕事はできます。産業医として仕事をしている人を見てみると、年配の方も多いです。実際病院で仕事をしていた医者が定年を迎え、その後は嘱託として産業医として引き続き仕事をしている人も少なくないです。産業医の場合、病院勤務と比較すると年齢を重ねてもそれほど無理なく働くことができる職場です。このため、年配の間で高い人気を誇ります。

もし年輩で産業医に転職するのであれば、大企業への転職は難しいかもしれません。というのも1000人以上従業員を抱えている大企業の場合、専属の産業医の雇用が義務付けられています。専属ということは正社員扱いになって、社内の規定に従わないといけないので会社の定年を超えている人は就職できません。60歳とか最近では65歳を定年としている会社が多いです。ただし50人以上999人以下の中堅企業であれば、会社専属の産業医で雇う必要はありません。そうなると嘱託扱いで産業医を採用可能になります。この場合、別に会社の定年の規定を気にする必要がないので定年以上の年輩の産業医でも採用される可能性はあります。

嘱託産業医の場合、イメージとしては税理士や会社の顧問弁護士のようなポジションに近いと思った方が良いでしょう。ですから嘱託産業医を複数の会社で兼業することも可能です。嘱託の場合、会社から要請があれば会社に出向き、必要な業務を担当することになります。ですから複数の産業医として、会社を定期的に循環しながら活躍することも可能です。ただし年齢が上になればなるほど、体力もダウンしてしまいます。若い頃のように無理はできなくなるので、複数の企業で嘱託産業医として活躍するのも良いですがスケジュールなどの調整をきちんとしておきましょう。また嘱託で複数の産業医となると、診察する対象の従業員も多くなります。そうなると情報量も多くなるので、その整理もできるかどうかも検討を加える必要があります。

年齢が上になると産業医として活躍するにあたって、上のような問題点を慎重に吟味する必要はあります。しかし定年後に病院から産業医に転職するケースも少なくありません。ですからどこで仕事をするかによって、いわゆる世間一般でいうところの定年を気にすることなく仕事はできるでしょう。

産業医の総合求人情報比較ランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリアエージェント 無料 全国 ★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細
医師求人のJMC 無料 全国 ★★★★ 詳細

※当サイトでは医師転職の実績の多いリクルートドクターズキャリアが1位を獲得中です。
※知名度で見ると抜群の評価ができる医師転職ドットコムも人気です。


産業医求人
人気ランキング

産業医求人サイト

産業医求人探しの
よくあるQ&A

その他の産業医の
よくあるQ&A

条件別の産業医求人

タイプ別の産業医求人探し

地域別の産業医求人探し


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医 求人 | 産業医の総合求人情報 All Rights Reserved.